BitCrew

ビットクルー

Windows10でのRubyOnRails構築手順

構築する環境の前提条件

Windows10の環境にRubyOnRailsの開発環境を構築する際に、
そこそこ躓いた所があるので、備忘録として記載します。
環境としては、

  • Windows 10 Pro x64
  • RubyInstaller-x64(ruby 2.2.4)
  • Rails 4.2.6
  • Node.js(V8)

インストール手順

ここからインストールを行います。
私の環境が64bit版なので、そこは適宜変えて下さい。

Rubyのインストール

まずはこれがないと始まらない、Rubyをインストールします。
インストール方法は色々ありますが、今回はインストーラーを実行するだけでセットアップしてくれるRubyInstallerを使用します。

  1. RubyInstallerのダウンロード
    まずはRubyInstaller.orgをブラウザで開きます。
    次に、RubyInstallersの中で、自分に適したインストーラーをダウンロードします。私の場合はRuby 2.2.4(x64)としました。
     

  2. RubyInstallerの実行
    インストーラーを実行していきます。
    通常通り実行していけば良いのですが、この項目だけは必ずチェックを入れて下さい。
    Rubyの実行ファイルへ環境変数PATHを設定する
    もし入れ忘れても後から設定出来ますが、手順は簡単な方が良いです。
     

  3. 動作確認
    取り敢えずRubyの動作の確認をします。
    コマンドプロンプトを立ち上げて下さい。Cortanaにcmdって聞いても良いです。
    立ち上がったら、以下のコマンドを実行しましょう。
    ruby -v
    これに対して
    ruby 2.2.4p230 (2015-12-16 revision 53155) [x64-mingw32]
    と返ってきたらインストール成功です。
     
    ※バージョンは自信の環境において適宜読み替えて下さい。
    ※実行出来ない場合、コマンドプロンプトを管理者として実行してみて下さい。 

Development Kitのインストール

  1. Development Kitのダウンロード
    同様にRubyInstaller.orgからダウンロードします。
    今回の場合は、「For use with Ruby 2.0 and above (x64 – 64bits only)」が対象です。

  2. Development Kitの展開
    ダウンロード後、解凍します。とりあえずCドライブ直下を指定してます

  3. コマンド実行
    コマンドプロンプトを起動し、以下を実行

ruby C:\DevKit\dk.rb init
ruby C:\DevKit\dk.rb install

諸々インストール

  1. Gemのアップデート
    引き続き、コマンドプロンプトで実行する
gem update --system
  1. Bundlerのインストール
gem install bundler
  1. Railsのインストール
gem install rails

Node.jsのインストール

  1. Node.jsのダウンロード
    こちらから対象のNode.jsをダウンロードして下さい。
    今回の場合は、「Windows Installer (.msi) 64-bit」です。

  2. Node.jsのインストール
    ウィザードに沿ってインストールしていきます。

ここが重要で、Rails4 + Windows10の組み合わせの場合、Node.jsがないとエラーを吐きます。

動作確認

  1. フォルダ作成
    プロジェクトを配置するフォルダを作成します。

  2. アプリケーション作成
    とりあえず、rails newとscaffoldで作成します。

  3. 動作確認
    WEBrickを起動し、ブラウザでアクセスしてみましょう。