BitCrew

ビットクルー

スキル

スキル

スキル

弊社で行っているサービス、開発可能な言語などをご紹介いたします。

 icon-globe ネットワーク

業務を行う上では欠かせない存在の社内ネットワーク、ネットワークセキュリティ、
閉域網やWAN回線は、技術の発達に伴い様々なソリューションが登場しています。
昨今、企業を狙った悪質な攻撃の増加やマイナンバーが始まることから、
ネットワークセキュリティは今まで以上に重要なポイントです。弊社ではより安全なネットワークを
ご提供できるよう、現状分析から運用・管理方法までご相談を受け付けております。

 icon-caret-right ヒアリング・現状把握
弊社ではネットワークの設計〜導入、保守サポートまでご要望に合わせたプランを
ご提供いたします。構築・運用のノウハウをベースに小規模なものから大規模なものまで
お客様のニーズに合わせて、セキュアなネットワークを構築いたします。
 icon-caret-right 選定から構築
最新技術やソリューションを取り入れたITインフラの設計から機器の
選定・設計・構築・導入に至るまで、お客様のITシステムを支える最適な
ネットワーク構築を支援します。これらの製品を単体でなく、様々なソリューションを
組み合わせることで最大の効果が発揮されます。

 icon-file-text-o 仮想化

サーバーの仮想化からデスクトップの仮想化まで、今までのIT資産の運用やメンテナンスが
大きく変わるソリューションを提供いたします。お客様の環境、ご要望によっては
既存サーバーの統合から、新規サーバーやネットワーク、もしくはクラウドへの移行まで柔軟に対応いたします。

 icon-caret-right システム運用
VMware製品は単体での導入でも多くの効果を発揮します。しかしvSphere、Horizon
など複数製品を組み合わせることで、プライベートクラウドとパブリッククラウドの
良い所を取ったハイブリッドクラウドを少ないステップで
購入できたり、ITを構成する多くの物をクラウド化することも可能です。
 icon-caret-right 費用
複数の製品を1つの管理環境で一元管理する事も可能となり、ITにかかっていた初期投資や
無駄な管理コストを削減することが可能となります。使用電力の大幅な削減と同時に
冷却設備やサーバ設置スペースにおけるコスト削減も図れますので、スペースだけでなく
電力や管理リソースなどの面でもコスト削減を見込めます。
 icon-caret-right 最適化
すでにVMwareをご導入いただいているエンドユーザー様を対象にリソースの過不足の
チェックなど環境の分析と最適化も行なっております。これらの製品群を複合的に
組み合わせたご提案、さらにはWANやネットワークなど総合的な導入サポートを行うことが可能です。


弊社はVMware Partnerです。

VMwareは、1台のサーバー上に複数台の仮想サーバーを稼動して、WindowsやLinuxなどの
複数OSを同時に実行できる仮想化ソフトウェアです。個々の仮想化サーバーは完全に独立して
動作しており互いに影響を与えることはなく、仮想サーバー内のOSは物理サーバー上で
稼働する場合と同じように機能します。
 icon-check サーバー台数の減小
仮想化技術によってサーバーを効率的に使うことにより、今まで必要であった複数の
サーバーを物理的に削減することができます。サーバー台数の削減は、
・設置スペースの削減消費電力の削減
・ハードウェア投資コストの削減
等につながります。また、サーバー上の未使用のリソースを効率よく利用するので、
余剰なリソースを無くしサーバーの処理能力を最大限に発揮させる事ができます。
 icon-check カプセル化
仮想化の最大の特徴・メリットは、サーバー環境を「カプセル化」し
ファイル感覚で管理できるようになる事です。
・1台のサーバー上で複数の環境を動作させることができる
・古いOSと新しいOSの共存が可能
・ホスト名やIP
・Macアドレスも個々の環境に割り当てが可能
・CPUやメモリと異なったリソースを複数環境で共有できる
・ウイルスなどによって破壊された場合でも、他の環境に影響が出ない
・簡単に別マシンへ環境の移行、削除が可能
・バックアップ・リストアがファイルのコピー感覚で簡単にできる、
等の様々なメリットが生まれます。

開発可能な言語

logo-Csharp logo-plus logo-python logo-go
logo-html5 logo-css3 logo-javascript

データサーバー

logo-oracle

導入事例

災害緊急情報機  / エアー

気象庁から「地震・津波・火山・豪雨・竜巻」を自動受信。
クラウド上でメッセージをコントロールでき、災害・地震検知の際、いち早く
注意喚起を促すメッセージを表示できます。災害発生時はもちろん
平常時は観光情報や施設情報などデジタルサイネージとしても利用可能となっています。

icon-angle-double-right詳しくはこちら  

 クラウド

サーバーやデスクトップのクラウド移行、アプリケーションのクラウド化まで様々な
メニューがございます。クラウドにもSaaSやIaaS、PaaSなど多くの
種類があり、またベンダーも様々です。これらオンラインサービスだけではなく、
社内のアクティブディレクトリやデータベースなどとの連携も非常に
重要なポイントとなっています。
icon-angle-double-right詳しくはこちら