BitCrew

ビットクルー

詳細設計・基本設計

詳細設計・基本設計

詳細設計・基本設計

開発機能要件やシステム要件を整理し、アプリの基本的な仕様を決めていきます。
お客様がお考えのものと齟齬がないように、画面構成書や画面遷移図を
作成することでアプリの「カタチ」を共有します。

 icon-gear 基本設計(外部設計)

「システムの仕様を決める作業」を行います。
この工程では利用者から見てシステムがどのように振る舞うべきか操作する
画面のレイアウトや操作方法、帳票類の書式、データベースの構造などを決めていきます。
icon-check ソフトウェアの画面レイアウト
icon-check 帳票レイアウト
icon-check 管理画面のデザイン 等
全体設計
アプリケーションの全体層を設計します。
・アプリケーションの利用目的
・利用環境 など
実際の使用場面での業務フローを交えつつ、アプリケーションの
あり方を明確にします。
システム設計
アプリケーション開発や稼働に必要なインフラ、ネットワークおよび
機器構成などのアプリケーションのインフラに
当たる部分を設計します。
画面設計
ユーザーが実際に使用する操作画面のレイアウトやデザイン、
あるいは機能を設計します。ユーザーが最も触れる部分なので
見やすく、操作性の良いデザインや機能をご提案します。
データベース設計
概念設計ではデータベースを必要とする業務を遂行するために
欠かせないデータを定義し、論理設計ではデータベースを構成する
テーブルやフィールドの設計を行い、物理設計ではそれに必要な
ハードウェア資源を設計します。
インターフェース設計
インターフェースとはアプリケーション内部と
外部をつなぐ結合子のようなもので、
主に外部アプリケーションとの連携を設計する項目です。
その他ユーザーが入出力するデータや
帳票についても設計します。
運用設計
アプリケーションが安定稼働するための日常業務や、障害対応が
スムーズに行われるようにルールやプロセスを設計します。
またバックアップやバージョンアップなど継続的な運用は
必要です。運用設計は開発会社が運用保守にあたる場合でも
必要不可欠です。
テスト設計
データの入出力のフロー、分割したモジュールの整理と結合度の
開発中のアプリケーションをどういった方法でテストするか、
どんなテストツールを使用するかを設計します。
アプリケーション品質を向上するためにはテストが欠かせませんが、
同時に時間がかかります。テストを適切かつ効果的に実行し、
高品質なアプリケーションをすばやく納品する為に事前に設計しておきます。

 icon-gear 詳細設計(内部設計)

外部設計を基に、システム内部の動作や機能、
物理データなど、ユーザーから見えにくい
詳細な部分の設計を行います。
外部設計の結果をプログラミングしやすくする
のが内部設計の役割となってきます。

開発環境設計
アアプリケーション開発をどの技術で進めていくか設計します。
・導入するサーバー
・データベース
・開発に使用するプログラミング言語やフレームワーク
などを明確にし、開発環境を統一することが大事です。
機能分割設計
基本設計にて洗い出したアプリケーションに必要な機能の
それぞれの違いを明示します。さらに各機能が完全独立するまで
分割を繰り返し、プログラムの最小単位を作ります。
こうすることで小さい単位でプログラム作成が行え、効率的に
アプリケーションを開発することができます。
画面設計
ユーザーが実際に使用する操作画面のレイアウトやデザイン、
あるいは機能を設計します。ユーザーが最も触れる部分なので
見やすく、操作性の良いデザインや機能をご提案します。
モジュール設計
機能分割設計によって細かい要素に分けた機能を、
処理手順やワークフローに沿って一覧します。
これによって重要度の高いプログラムなどが判明するため、
アプリケーション開発の優先順位やプロセスを組み立てられます。
内部データ設計
データの入出力のフロー、分割したモジュールの整理と結合度の
確認、さらにモジュール間でのデータの受け渡しについて
設計します。内部データ設計まで来ると基本設計からかなり
ドリルダウンされた設計書が完成します。