Masaru Ono

「誠意 創意 謝意 」
CEOからのメッセージ